平田百彩(ひらたもか)です。小さなウェブデザインオフィスをやってます。ウェブサイト作るしか脳がない不器用な人間です。デザイン以外にもいろいろ多趣味に仕事してます。いろいろノンジャンルなブログ。
by mokamom
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
出来るけど、やっちゃいけない
フリーペーパー系な広告代理店で働いている仲のいい営業さんと呑んでいたら、ちょっと聞かれちゃいました。

「デザインの修正って、本当に大変なの?」

会社のデザイン部門にクライアントさんのネタ変更を伝えたら、「今からはムリ!」と突っぱねられたとか。まだ締め切りまで時間あるのに、最初に流し込んだネタを変えることって難しいものなの?的な質問。。。

う~ん、微妙な質問。

質問の意図を聞かずに答えるなら、「別に簡単よ」なんだけどねぇ。

でもデザイナーさんが断った気持ちはよく分かる。営業さんからあがってくるネタ一つだけを修正するなら出来る。相当能力が低くなければ、多分出来ます。でも、何人もいる営業さんが「ハイハイ」と聞いてきて、流し込みの終わったネタを全てひっくり返されたら、、、う~ん、そりゃ締め切りに間に合うか分からなくなっちゃう。

そして一度そういう要望を聞いたら、制作を知らない営業さんは多分「やりゃ出来るじゃん」なんて思っちゃうでしょうね。そしてきっと、また。。。

「デザイナーさんは、それを恐れているんだと思うよ」なんて、知ったような説明をしたら納得してくれました。

小さな親切をすることは可能。でも、小さな親切の積み重ねで自分の納期が守れない状況になってしまったら、それこそ会社の大問題。「発行日に間に合いませんでした、ゴメンナサイ。」じゃ済まないものネェ^^;

断ることって、やっぱり大切ですねぇ。出来るんだけど、それをすることで、長い目で見たら自分の首を絞めかねないことは。

そして、営業さんも自分の要望を通そうとするだけじゃなくって、ちょっと考えればデザイナーさんの気持ちも分かるはずなんです。悪い男じゃないから、思いやりがあれば分かったはず。

はぁ~、私が雑用係と化しているのはきっと断れないからかなぁ、、、なんて感じさせられたトークでした。
[PR]
by mokamom | 2007-07-10 23:25 | デザイン
<< 東京出張 ビールがうまいッすネェ >>
© M.hirata All Rights Reserved.