平田百彩(ひらたもか)です。小さなウェブデザインオフィスをやってます。ウェブサイト作るしか脳がない不器用な人間です。デザイン以外にもいろいろ多趣味に仕事してます。いろいろノンジャンルなブログ。
by mokamom
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2007年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ぬるぽ
はッ!全然更新してないじゃないか、自分。

今日はちょっと感じたこと。

会社にはいくつか飲食店がある。それらは某グルメサイトに情報を掲載している。

今日は新しくオープンしたお店の為に、グルメサイトの営業担当者と契約の打ち合わせをした。

営業さんは私に会う前に、更新状況やアクセス状況を見てきてくれたらしい。開口一番、

「最近更新へってますネェ」

・・・は、はい。

雑務に追われて、本業を忘れていたことに改めて気付かされた。

これじゃいけないよ、自分・・・。

本業に支障が出るような雑務は断る勇気も必要かなぁ・・・・・・。

いや、逃げ腰じゃダメですね。もっと効率よく仕事をするように心掛けよっと。
[PR]
by mokamom | 2007-10-31 21:56 | お仕事いろいろ
セミナーの写真をありがとう、です
カラーユニバーサルデザインセミナーの写真、自分のことでイッパイイッパイで撮り忘れていました。

1部で伊賀さんにお話頂いている時には、2部の自分がするべき話のことでイッパイイッパイ、2部はもちろんおしゃべりでイッパイイッパイ。終わったらお見送りや片付けでイッパイイッパイ><

自分のキャパの無さを痛感しました^^;

ところが他のブログでご紹介いただいていました。ありがとうございます。

自分について:カラーユニバーサルデザイン(CUD)って知ってます?

リーチ君のお散歩日記 ぬまづ産業振興プラザ

いやぁ~、ご来場いただいた事が嬉しいのはもちろん、こういった形で紹介してくださっているのはもっと嬉しかったりする^_^

皆さま、ありがとう♪
[PR]
by mokamom | 2007-10-22 19:25 | カラーユニバーサルデザイン
色弱シミュレータの比較
引き続きカラーユニバーサルデザインセミナーの裏話。

一昨日の色弱シミュレータ Vischeckの引き続きにもなってます。

伊賀さんとお話していて教えていただいたのはシミュレータの再現性の問題。以前、石川県工業試験場の前川さんという方が、7種類の色弱シミュレータを比較して色再現を実施したというデータを教えていただいた。


この一覧を見るだけで、再現性がバラバラなのが分かる。

う~ん、ソフトも信じられないですねぇ。困ったもんだ。

この比較を行ったことで、Vischeck Windows版の再現性が一番近い、という結論になったそうです。
[PR]
by mokamom | 2007-10-22 18:58 | カラーユニバーサルデザイン
色弱シミュレータ Vischeck
カラーユニバーサルデザインセミナーの準備期間中の裏話。

今回のセミナーでは何点かのサンプルデータを使用して、どれだけ見えないのかをC型色覚(一般色覚。要は普通の人)の皆さんに色弱疑似体験→改善のロールプレイングと言う企画が私の中でメインと言えばメインでした。

その為には制作したデータを色弱者の見え方に変換しなければならない。

以前書いた「ユニバーサルデザインじゃない!」で、Color Accessという色弱シミュレータを使っているよと紹介したことがありましたが、とんでもない事実が判明。

シミュレーションが正しくない!という事。

えぇぇ~、ダメじゃん><

カラーユニバーサルデザインになっていないデータを作る為に、私には必須のシミュレータがダメだなんて、なんてこったい、です。

これはサンプルデータを講師の伊賀さん(強度の色弱)にお送りして、実際に見ていただいた事で判明したこと。

う~ん、こんな所に落とし穴が・・・。

で、急遽切り替えたのがPhoto Shopのプラグインとして使えるVischeck

ダウンロードしてPhoto Shopのプラグインフォルダに放り込むだけ。

あとはPhoto Shop上でシミュレート可能。う~ん、シンプルd^_^

CUDOの伊賀さんのお話では、VischeckのWindows版の再現性は高い(100%ではない)との事。Mac版は同じソフトなんだけど、あまり良くないとも言っていました。

こういうところにも気を使わなければいけませんね^^
[PR]
by mokamom | 2007-10-20 19:23 | カラーユニバーサルデザイン
カラーユニバーサルデザインセミナー in ぬまづ
お、終わった~(´ ▽`).。o

ようやくカラーユニバーサルデザインセミナー in ぬまづが終了。

大きなミスや問題もなく、無事終了できたのは良かった~♪

ちょっと人が少なかったのは、準備不足だったなぁ。ちょっとだけ赤字だったし><

しかし、こちらも初めての主催。あのくらいの人数がトラブルなく進行するには適当だったのかもしれない、とも思う。

参加してくださったお客様はとても熱心に耳を傾けてくれた。時折うなずきながら聞いている方、熱心にメモを取る方。話している私にも、お客様から「一生懸命聞いているよ」という空気が伝わってくる。

そぅそぅ、私なんかが人前で話してしまいましたよ^_^;あがったあがった、もぅ最初は頭真っ白。講師の紹介なんて、ほとんど出来てなかった。講師の伊賀さんからは、CUDOの紹介がほとんど出来ていなかったことに皮肉を言われてしまう始末-_-;

はい、頭真っ白でなにを話すのかすっかり忘れていたのですよm(_ _)m

やっぱりカンペは用意しとくべきでした。

でも最初にしゃべったからか、2部のディスカッションではなんとか真っ白にならずにお話ができた。しゃべり過ぎという批判も一部から受けちゃったけど。。。

回収したアンケートからは、多くの方がCUDに興味を持ったことが伺えたり、また参加したいという方が意外と多かったりと嬉しい反応!

プレゼン資料を作りこんだり、プロモーションDVD作ったり、進行の打合せをしたり、連日深夜までの作業が報われた瞬間でした。

今回の開催にあたってご協力頂いた、しずおかクリエイティブ協同組合さん、静岡県中小企業団体中央会さんぬまづ産業振興プラザさんまちの情報館さん、そして相談にのってくださったCUDOの田中さん、nozoさん、講師を引き受けて下さった伊賀さん、本当にありがとうございました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。

そして雨の中にも関わらず足を運んで下さった皆さま、ご来場ありがとうございました。またやるから、来てね♪
[PR]
by mokamom | 2007-10-19 23:21 | カラーユニバーサルデザイン
Japan Art Festival in ぬまづ
たまには文化人を気取ってみようと、今日は邦楽演奏を楽しんできた。本当は招待券をももらわなければ邦楽を聴くこともないだろう、というだけでせっかくの機会だしということで行ってきただけなんですけどね^^;

沼津御用邸記念公園で開催されているJapan Art Festival in 沼津の「琵琶遊悠」という企画でした。御用邸記念公園に今回のためだけに作られたステージを使い、夜空の下、松林の中で遠くに聞こえる波音をBGMにしてのコンサート。なかなかこんなの聞けませんね。
c0084550_22312.jpg

演奏はというと琵琶奏者の上原まりさんを中心に鼓、笛で構成されるステージ。祇園精舎、壇ノ浦、静などが演目でした。

生で琵琶を聴いたことが多分ないんですが、いい音ですネェ♪ビロン、ベベンと風情を感じます。そぅ例えるなら、空気の振動を肌で感じられたような気がします(だから音が聞こえんジャンとかはなしで^^;)。演目では源氏と平家の戦いを描いた「壇ノ浦」が面白かったかな。演目は全部現代語に訳されていたので、普通に理解できたのはありがたいd^_^

能とかだと何言っているのか分からなくて、眠くなっちゃうけど、今回はそんなこともなく楽しめた♪
c0084550_2231774.jpg

あと何がスゴイって、このステージ。全部竹で作られているんですよ。青竹が複雑に絡まって、もうなにがなんだか。ステージのふちは縦に並べられた何本もの竹が波打っているようなデザイン。立体的でゴージャスなんだけど、品を感じるような。とにかく凄かった。ちなみにステージデザインはかの草月流家元勅使河原茜さんだそうです。さすがです。
[PR]
by mokamom | 2007-10-11 22:04 | 趣味
急にメールが送れなくなった!?
連休も明けた火曜日。なんだか社内が騒がしかった。

あちこちのお店から、

「メールが遅れない!」

という悲痛な叫びが・・・。先月分の〆書類なんかを提出しなければいけないのに、なのにメールが送信できないんです><

ということらしい。

c0084550_2251410.jpg午前中はまだまだ開けていないお店が多かったから、「う~んなんでだろうね」程度で済んでいたものの午後になり、開店準備に入るお店が増えてくると電話がひっきりなしに鳴り出す。

なんか全社的にメール送信が出来ないみたいネ♪どうしましょ、ボス^_^;

まぁ受信は出来て、送信が出来ないんだからSMTPにどうやら問題があるらしい、なんて事は想像がつく。しかし、設定をなにも変えていないのになんで?という疑問は変わらない。

職場の方が右往左往している中、ポチポチッとネットで調べてみる。

ISPのサイトでメーラーの設定を読んでみると、どうやら原因はデフォルト設定のポート25番に問題があるらしい。587番にしないといけないみたい。

そこでOP25Bという言葉を初めて知った。Outbound Port 25 Blocking、つまりポート25番を遮断しますよ~、という事。25番ポートを遮断することでスパムメール対策が行われているらしい。

だから替わりに587番ポートを使ってね♪という事。587番ポートならメール送信に当たってネットワーク認証が行われるから、スパムメールを送るために外部のSMTPサーバにアクセスするのを防ぐことが出来るという仕組みとか。

ふ~ん、勉強になった^^

しかし皆さん、憶測で動きすぎな気がするのは私だけ?まずはISPの障害情報見るとか、メーラーの設定ページを見てみるとか、やることがある気がするんですが^^;
[PR]
by mokamom | 2007-10-09 22:06 | お仕事いろいろ
悪い評価の恐怖
POLAR BEAR BLOGさんで面白い記事がありました。アキヒトさんの記事はいつも勉強になりますよ^^

「ネガティブな態度」は感染力が強い

Indiana University の研究者たちが行った調査について。まず被験者に新製品の情報を見せ、他人の意見を聞かずに自分の評価を行ってもらいます。次に他の被験者たちがどんな評価を下したのかを明らかにし、最初の評価からどんな変化が現れるかを確認したところ、悪い評価の方が他人に及ぼす影響力が強いという結果が出たとのこと。怖いのは、「いいな」と思っていた人が「ダメかも」と思うようになるだけでなく、「ダメかも」と思っていた人は「最悪!」と感じるようになる――つまりネガティブな意見は、他人のネガティブな気持ちを強化する力もあったとのこと。

という調査結果が出たそうです。

「はぁ、やっぱりね」という感じ。なんとなく分かってはいるけど、感覚でなくて実証することは何事においても大切ですねぇ。調査結果に多少バイアスが掛かっている気はしますが・・・。



ところで販売促進をやっていると、非常に気になるのは女性の意見。

なぜか?女性のほうが感性が優れているから?

違います。往々にして女性のほうが主観的で情報共有力が高いからです。つまり“噂”に支配されやすいとも言えます。

女性の専売特許ともいえる井戸端会議や給湯室会議では様々な情報が、真偽を確かめないままに交換されています。

そこにはポジティブ、ネガティブな情報が入り乱れています。

A「あそこに出来たパスタ屋さん、この前行ってきたの~」

B「どうだった?」

A「うん、クリーム系のパスタを食べたんだけど、美味しかったよ。スタッフにカッコイイ子もいたし♥また行こうかなぁ~♪」

B・C「ふ~ん、私も行きたいなぁ♪」

みたいな感じでしょうか?私は混じったことがないので、想像の域をでませんが^^;

ここまではポジティブな評価。

でも、

D「えぇ~私が行ったときは対応が悪くって、ちょっとイヤだった。もぅ行かない(--+)」

なんていうネガティブな意見が入ると状況が変わってくるんじゃないでしょうか?

このDさんの意見は強力。Aさんの美味しかったという情報も、カッコイイ子がいたという情報も“もぅ行かない”の一言で一蹴しています。そして話はDさんの何がイヤだったか話に流れていく気がします。だって嫌な事のほうが覚えているんですもの、具体的に^^;

以前「1件のクレームから分かること、直すこと」ではいかにサイレントクレーマーさんが多いのかを書きました。まさにそんなことが起きているシーン。

そしてAさんやDさんがいないところで件のお店の話が出て、Bさん、Cさんがいたら多分Dさんの話を持ち出すでしょう。ネガティブなスパイラルの始まりです。

だから女性の意見はとっても気になる。

「あそこの店はまずい」とか「良くない」なんていうのは、よく出てくる話。行ったことなんかなくてもいいんです、「みんなそういってるよ~」という常套句があるから。わざわざ“まずい店”にお金を払って試しに行く必要もないでしょうしね。

もちろんこれは極端な話。しかし、ネガティブな態度が周囲に影響を与えやすいのは事実だと思います。

アキヒトさんは次の言葉で締めています。

誰かにうつされて、自分が新たな「ネガティブの感染源」になるかもしれない

この記事とアキヒトさんの記事でのニュアンスはちょっと違いますが、その通りだなぁ~、なんて思いました。
[PR]
by mokamom | 2007-10-07 20:39 | チョコッと販促ネタ
お車さま
日がな一日、普段はなんにもしてあげない車をメンテナンス。

そろそろバーストの危機を感じていたタイヤを交換し、オイルとフィルターを交換し、洗車をしてとほぼ昼間がつぶれた^^;

で、どうせタイヤを換えたからローテーションもしておこうかなぁ~とジャッキアップしてみた訳です。

ん?なんかドロドロ。ホイールの内側、すごいことになっているんですけど。お手手も真っ黒、ベットリ><
c0084550_19101937.jpgc0084550_19102829.jpg

ははぁ、多分ドライブシャフトブーツが切れちゃったのね。と覗き込んだらやっぱりパックリと切れちゃってます。周りにも派手にグリースが飛散しちゃって悲惨な事に・・・。

まっ、車検ギリギリになって気付く事にならなくて済んだのは幸いかなぁ。ユーザー車検ばっかりやってると、こういうことが多々あるんですよね。仕方ない、今度ディーラーに持ち込もっと^^;

なんて考えながら、ゴシゴシとグリースを洗い流す。やっぱりしつこい油汚れにはホーミング(台所用クレンザー)が一番!気持ちいいくらい、キレイになるんですネェ。

こんな感じ。劇的before afterみたいd^_^
c0084550_19111459.jpg

たまには車もかわいがってあげないと、こんなことに気付くこともないな。気をつけようっと。これからもガンガン走ってネ♪
[PR]
by mokamom | 2007-10-07 19:12 | プライベート
禁断のサポート業務!?
書くべきか悩んだんだけど・・・・・・うん、やっぱり書く。

お昼ごろケータイがなった。知り合いの社長さんからだ。そういえば、最近仕事の依頼がなかった。どうもインターネットに繋がらなくて困っているらしい。

パソコンはMac、結構新しい機種だった。

「う~ん、分かるかなぁ」というのが正直なところ。Macのサポート業務は経験したことがないから自信はない。

住所は会社から近い。お昼休みに抜ければなんとかなるだろう。

だってインターネットに繋がらないだけジャン。なんとかなるさ。うん。

自転車をこいで、指定されたマンションに向かった。ちょっとだけ暑さを含んだ真昼の日差しに秋の風が心地よい。長袖じゃちょっと暑いくらいだ。

そこは裏通りに面した古めの物静かなたたずまいのマンションだった。

古めだから、入り口でお部屋に電話をしてロックを解除してもらう必要もなかった。宅配便も訪問販売も犯罪者も入り放題である。

部屋番号を頼りにエレベータを降りて部屋に向かった。ドアベルを鳴らすと見慣れた社長さんが出迎えてくれた。

部屋には、苦労した痕跡があちらこちらに残されていた。とりあえず挿して引っ張ってきたむき出しのケーブル。モデムやプロバイダからの説明書や契約書類が散らかっている。

まずは現状把握だ。モデムやパソコンをいったん再起動する。モデムは正常に動いている。パソコンのLANポートにも問題はない。全く正常、文句なし。

気を使ってくれたのか、オレンジジュースを出してくれた。礼を言って、作業に戻る。

インターネット接続を試してみる。モデムのLAN通信を示すランプが点滅する。通信は正常に行われている。

しばらくするとディスプレーに、エラーメッセージが。どうも認証がうまくいっていないみたいだ。

以前登録していたプロバイダ情報を削除する。

新しいプロバイダとの契約書類を手に取り、改めてID、パスワードを設定しなおしてみる。

再接続を要求。やっぱりダメだ。無機質なエラーメッセージが表示された。

社長にパスワードを変えていないかを確認。パスワードは変えられていなかった。

あれ?私がパスワードを打ち違ったのかな?パスワードって全部「*(アスタリスク)」で表示されるから、意外と間違っていることがある。長いしね。

もぅ一回チャレンジ。やっぱりダメだ。

ちょっと考えてみる。なにかを見落としている?なにか忘れていないか?

もう一度プロバイダの契約書を手に取った。なにか大切なことをしていないから、認証してくれないのだ。どこだ、それは。

契約内容欄の但し書きに目が行く。なにか書いてある。

「NTTフレッツの場合にはサフィックスが必要です」

こいつだ!サフィックスなんて書くから素人には分からないんだ。全く不親切な説明書。素直に

「NTTフレッツの場合にはIDの後ろに“@○○○.ne.jp”って入れて下さい。」

ってIDの欄に書いてあれば、迷うことなんかないんだ。

なんてブチブチ思いながら、早速試してみる。

「来たッ!」

繋がった!心の中でガッツポーズを決める。やれば出来るじゃん、自分。

「社長、繋がりました。IDの設定にミスがあったみたいですね。」

坦々と原因と対処を説明する。的確なサポートはお客様を成長させなければいけない。

こうして飛び入りのサポート業務は無事終了した。

部屋を後にし、自転車に戻る。駐輪禁止の場所だったが、幸い札は貼られていなかったし、撤去もされていなかった。良かった。

自転車のロックを解除しながら、社長の部屋を見上げる。



それにしても、部屋にいた韓国人っぽい若い女性は誰だったんだろう。

ジュースを出してくれたり、灰皿をすすめたりしてくれた以外には言葉を交わすこともなかった。



そろそろ昼休みが終わる。お昼も食べてないしな、コンビニでも寄っていこう。私は自転車にまたがり、マンションを後にした。

この物語は、すべて真実である。サポート業務の大変さを伝えるために残したい。
[PR]
by mokamom | 2007-10-06 21:59 | お仕事いろいろ
© M.hirata All Rights Reserved.