平田百彩(ひらたもか)です。小さなウェブデザインオフィスをやってます。ウェブサイト作るしか脳がない不器用な人間です。デザイン以外にもいろいろ多趣味に仕事してます。いろいろノンジャンルなブログ。
by mokamom
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:チョコッと販促ネタ( 85 )
S1サーバーグランプリ -おまけ-
昨日行ってきたS1サーバーグランプリ東海地区大会の写真。

東海地区ファイナリストの皆さん。
c0084550_2242193.jpg


競技風景。
c0084550_22421077.jpg


表彰式後の記念撮影。
c0084550_22422887.jpg


ちなみに東海地区の優勝者は、名古屋にある葱屋平吉というお店の萩店長さんでした。来年3月8日に行われる全国大会への切符を手に入れました。頑張ってきて欲しいですねぇ。

ちなみに葱屋平吉さんのウェブサイトを見たら、本当にメニューが葱だらけ。ウマそう♪ここまで葱尽くしなメニュー、ちょっと食べてみたい^^
[PR]
by mokamom | 2008-11-20 22:55 | チョコッと販促ネタ
S1サーバーグランプリ -SERVER GRAND PRIX-
海外逃亡記を書こうと思いつつ、全然更新できない日々。。。写真を整理しようと思いつつ、まったく手付かずなのです--;

今日(昨日)は、名古屋で開催されたS1サーバーグランプリ東海地区大会というイベントを見に行ってきました。

S1サーバーグランプリ公式サイト

多分ぜ~んぜん知られていないイベント、S1サーバーグランプリ。

普段は飲食店の最前線に居ながら注目を集めることがないホールスタッフさん(サーバー:サービススタッフ)を対象に、接客レベルを競う大会です。

今大会は東海地区(東海・北陸8県)で80名のエントリーがあったらしい。今日はその80名の中から筆記試験、実技審査を通過した栄えある5名がステージに上り、それぞれに課題演目、自由演目で自らの接客力を勝負!

最初は課題演目。「端的な店舗PR」「お酒の持込みをお断り」「余った料理をお持ち帰りのお断り」「ヘッドハンティングのお断り」「今度宴会するからビールをおごってくれという過剰サービスのお断り」という5枚のカードを抽選箱から選んでの演技。

課題演目は、“お断り”が課題なのに演者さんが自分が働くお店の方針だからと、“お断り”せずにOKしてしまうというハプニング(?)が続出。司会者、裏に「これでおK?」なんて確認。司会者泣かせな展開に^^;

でも自分の店ではこれでOKと言い切った方は正直カッコよかった♪演技のやり直しを勧められていたのに。

審査員からは「お客さんのわがままを許しすぎでは?」なんていう講評がついてましたけどね。

続いて、5分程度の寸劇形式で自らの接客能力をPRする自由演目。演者さんがそれぞれに自らのお店のシチュエーションを想定したシーンを演じ、それぞれに個性があって面白かったですねぇ。

ただ、5名中4名までが誕生日イベントネタでかぶってしまったのが残念。いろんなサービス方法があるんだなぁというのは面白かったんですけどね・・・

イベントネタはお客様を喜ばせるお店のサービスをPRするにはいいけど、接客能力とはチョット違うかなぁ・・・、という感じがする。

クレーム処理とか、目の端々でお客様を捉えているかという些細な日常が審査ポイントとしては高かったのかな、なんて思った。

そして寸劇のあとにはそれぞれ自分がサーバーとして、日常気遣っていることやサーバーになったきっかけ、やりがいをPRする自己紹介タイム。これがなかなか心に響くものがありました。自分の仕事に対するプライド、バックグラウンドなど人によって言葉は違うけれど、とても熱い気持ちが感じられました。

はぁ~、自分はこんなに熱い気持ちを持っているのかなぁ、なんて改めて考えてしまいましたよ。

飲食店とウェブデザイン、まったく業種は違うけれど同じように仕事をする人間。S1グランプリはとても勉強になりました。



ただ、、、、ただね、、、今日はドライバー役になっていたのですよ(事前了承なし)。S1グランプリを見た後に、他の皆さんは場所を移してお酒のんで、食べているわけですよ。私はもちろんお酒はダメ、食べるのもお腹イッパイになって眠くなったら危ないわけで自粛。

そして帰り着いたのは1時半。

いろんな意味で今日は修行だったかなと・・・、ちょっと思いました。はぁ、いい経験させていただきました^^;
[PR]
by mokamom | 2008-11-20 02:53 | チョコッと販促ネタ
謝れる人間でいたいねぇ
たまにはお弁当屋さんにでも行ってみようかなと、近所の某HMへ。

1時半過ぎでお客さんナシ。良かったp^_^q

のり弁を頼んでお金を払って“86番”の番号札をもらい、雑誌を読みながら待つことに。

私が腰を落ち着けるとすぐに、2組のお客さんがやってきてオーダー。

良かった、ちょっとだけでも早く来て^_^

少し待っていると、番号を呼ぶ声。

「87番でお待ちの方~」

私じゃなかった。手間取ってるのかナァ~、と特に気にすることもなく雑誌に集中。

少し時間がたって、「88番でお待ちの方~」という声。



???・・・・・・・・・・・・・



あれッ?私の後にきたお客さんの分、出来てるのに私のはまだ???

のり弁ってそんなに時間かかるっけ?そんなに時間がかかる訳ないよね。

番号札の受付時間から10分経過してるよ?



なんか嫌な予感。オーダーを取ってくれた店員さんに声をかけてみる。

あらッ?今、店員さん「あれッ?」って顔したネェ。嫌な予感的中かしら^_^;

「お客様のオーダー聞いてませんでしたっけ?」

はあぁぁぁぁぁァァァァァァ!!!!?????

オーダー取ったの10分前のあなたですよネェ。私の記憶違いかしら?この瞬間、私はなんのリアクションも出来なかった、あまりに予想外な返事が返ってきて、ビックリしちゃったよ、もぉ。

あなた何度か、レジに出てきて私のあとに来店したお客さんからオーダーとって、弁当渡していましたよネェ。レジ横で待ってるお客さんくらい確認しないの?3組くらいのオーダーなら覚えられないかナァ?と、はてなマークがイッパイ。

のり弁を頼んだことを伝えると、厨房の伝票を確認してる。おい、確認しなきゃ分からんのか!?

結果、やっぱり忘れられていたΣ(゚Д゚;)

「すみません。すぐ作りますから。」

といってくれたが、もぅ腹立ったまま待つのもなんかネェ。も、もぉ、いいよぉ~、私ののり弁なんて(/_;)。

ということで、返金してもらって帰ってきた。

帰り際の対応もな~んかなぁ~、という感じ。別に謝るでもないし、ドアから出た瞬間に、「なんでオーダー通ってなかったの?」とか、厨房に確認してるの聞こえちゃったし。おいおい、責任追及が先かい?

久しぶりになんかものすごく腹がたった。ブログで愚痴っちゃうくらい^_^;

なんでだろ、お腹すいてたからかな?

まだまだ小さい人間で嫌になってしまいますねぇ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



とまぁ、昼にこんなことがあったのですよ。

そこで考えてみた。某HMはチェーン系弁当屋さんだから、全ての作業はマニュアル化されているでしょう。

番号札だって、オーダーの取り違えがないために当然必要なツール。

なんかこの番号札が、今回のケースだと悪い方向に働いてしまったんだろうなぁ。

<お客さんがきたら>

オーダーをとる → レジに表示された金額を伝える → お客さんからお金を受け取る → お釣りと一緒にレシート・番号札をお客さんに渡す → 厨房に伝票と一緒にオーダーを伝える

<お弁当が出来たら>

オーダーを伝票でチェック → 伝票にしたがって袋詰め → 伝票の番号をコール → お客さんから受け取った番号札を確認 → お弁当を渡す → ありがとうございました~

みたいな流れでしょうね。

どういうスタッフ教育してるのか分からないけど、番号札を通してお客さんとコミュニケーションをとるから、極端に言えば顔を見る必要がない、覚える必要もない。

それが今回のミスに繋がっちゃったんだろうね。

厨房がなんらかの理由でオーダーを聞き漏らした、厨房のあるべき場所に伝票がなかった、レジ担当の店員さんが待っているお客さんに意識を向けていなかった、などなど不幸が重なったのでしょう。

マニュアル通りに出来ることは当たり前の事。だけどマニュアル通りじゃサービスにならないんじゃないかなって、思う。

レジ担当のスタッフが、オーダーを覚えていて「あれ?のり弁の方が先に出るはずなのにおかしい」と気付けば、その時点で確認できた。オーダーを忘れていたとしても、受付け順に人を覚えていれば、なんかおかしいなって考えたと思う。その時点で気付いて、オーダー漏れがあったことを一言謝ってすぐ作るって言ってくれてれば、「えぇ~」とは思っても、そんなに腹は立たなかったと思う。

まっ、ミスをしてしまうのは仕方がない。アフターフォローをしっかりしないと、お客さんはお店を好きではいてくれない。これって鉄則だと思うけれど、現場に徹底させるのは難しいんだなぁ、とつくづく感じました。

私もミスをしたときは、ちゃんと謝れる人間でいよう^_^
[PR]
by mokamom | 2008-07-19 23:20 | チョコッと販促ネタ
名刺の使い方
私が働いている会社では、名刺への顔写真掲載が決まっている。

しかし、かなり多くのスタッフがこれをすごく嫌がる。

まぁ分からないでもない。自分の知らないところで名刺が一人歩きする不安がある、という事でしょう。

「写真がなければ、あっちこっちで名刺渡すのに」

なんていう声が今日も聞こえてきました。

私も正直最初は、「なんか嫌だなぁ~」と思っていた1人。

でもあっちこっちに行って名刺交換することが増えると、写真つきの名刺の方が絶対にイイ!と思う。

だって

よっぽど相手の印象が強くないと、誰から貰ったのかとか忘れちゃう^^;

よって後日、名刺整理でその名刺は“多分不要な名刺”入れに移動になる。というか私が頂く名刺の多くは「この人誰だっけ?もぅ会うこともないなぁ」と多分不要な名刺入れに入り、結局処分されることになる。

写真が入っていることで、特徴をメモしたりする手間も省けるから私は貰うと嬉しい。カワイイ子から貰うともっと嬉しい(*^m^*)♥

ということで、私は写真入名刺はいいと思う。

特に車屋の営業さんなんかは、なんで顔入りにしないんだろう、と思う。購入スパンが長いから、販売店に行っても「あれっ?あの人だった気がするけど、そうだったかなぁ~」なんて事になる。

車検証入れに入っている名刺に顔写真があるだけで、全然違うと思うんだけどね。

定期的に送ってくる、整備の案内状だって顔写真入の名刺が入っていたら(まぁ名刺じゃなくても挨拶状でもいいや)、お客様の顔覚えは全く変わると思う。

でも世の中にはまだまだ写真入名刺って少ない気がするなぁ。
[PR]
by mokamom | 2007-11-08 20:06 | チョコッと販促ネタ
悪い評価の恐怖
POLAR BEAR BLOGさんで面白い記事がありました。アキヒトさんの記事はいつも勉強になりますよ^^

「ネガティブな態度」は感染力が強い

Indiana University の研究者たちが行った調査について。まず被験者に新製品の情報を見せ、他人の意見を聞かずに自分の評価を行ってもらいます。次に他の被験者たちがどんな評価を下したのかを明らかにし、最初の評価からどんな変化が現れるかを確認したところ、悪い評価の方が他人に及ぼす影響力が強いという結果が出たとのこと。怖いのは、「いいな」と思っていた人が「ダメかも」と思うようになるだけでなく、「ダメかも」と思っていた人は「最悪!」と感じるようになる――つまりネガティブな意見は、他人のネガティブな気持ちを強化する力もあったとのこと。

という調査結果が出たそうです。

「はぁ、やっぱりね」という感じ。なんとなく分かってはいるけど、感覚でなくて実証することは何事においても大切ですねぇ。調査結果に多少バイアスが掛かっている気はしますが・・・。



ところで販売促進をやっていると、非常に気になるのは女性の意見。

なぜか?女性のほうが感性が優れているから?

違います。往々にして女性のほうが主観的で情報共有力が高いからです。つまり“噂”に支配されやすいとも言えます。

女性の専売特許ともいえる井戸端会議や給湯室会議では様々な情報が、真偽を確かめないままに交換されています。

そこにはポジティブ、ネガティブな情報が入り乱れています。

A「あそこに出来たパスタ屋さん、この前行ってきたの~」

B「どうだった?」

A「うん、クリーム系のパスタを食べたんだけど、美味しかったよ。スタッフにカッコイイ子もいたし♥また行こうかなぁ~♪」

B・C「ふ~ん、私も行きたいなぁ♪」

みたいな感じでしょうか?私は混じったことがないので、想像の域をでませんが^^;

ここまではポジティブな評価。

でも、

D「えぇ~私が行ったときは対応が悪くって、ちょっとイヤだった。もぅ行かない(--+)」

なんていうネガティブな意見が入ると状況が変わってくるんじゃないでしょうか?

このDさんの意見は強力。Aさんの美味しかったという情報も、カッコイイ子がいたという情報も“もぅ行かない”の一言で一蹴しています。そして話はDさんの何がイヤだったか話に流れていく気がします。だって嫌な事のほうが覚えているんですもの、具体的に^^;

以前「1件のクレームから分かること、直すこと」ではいかにサイレントクレーマーさんが多いのかを書きました。まさにそんなことが起きているシーン。

そしてAさんやDさんがいないところで件のお店の話が出て、Bさん、Cさんがいたら多分Dさんの話を持ち出すでしょう。ネガティブなスパイラルの始まりです。

だから女性の意見はとっても気になる。

「あそこの店はまずい」とか「良くない」なんていうのは、よく出てくる話。行ったことなんかなくてもいいんです、「みんなそういってるよ~」という常套句があるから。わざわざ“まずい店”にお金を払って試しに行く必要もないでしょうしね。

もちろんこれは極端な話。しかし、ネガティブな態度が周囲に影響を与えやすいのは事実だと思います。

アキヒトさんは次の言葉で締めています。

誰かにうつされて、自分が新たな「ネガティブの感染源」になるかもしれない

この記事とアキヒトさんの記事でのニュアンスはちょっと違いますが、その通りだなぁ~、なんて思いました。
[PR]
by mokamom | 2007-10-07 20:39 | チョコッと販促ネタ
販促企画 これじゃ失敗する3つの要因
あるお店の会議でお盆イベント企画のお話が持ち上がった。

おっ、スタッフが一生懸命に考えたようです。いいこと、いいこと^^


・・・・・・・・・・


あれ?お盆って来週じゃない?なんかスタート日8/12とか書いてあるように見えるのは、暑さのせいかしら?

お盆を皮切りに3週連続の来店促進企画を考えたようです。

で、私にPOPやスタンプカード、ポスティング用のチラシを作って貰いたいとか。。。

う~ん、絶対にこの企画失敗するよ。。。企画を読んだ時点で直感。

理由は3点。

  1. 告知期間がない
  2. 企画趣旨が不透明
  3. 企画内容に未定部分がある


1.告知期間がない

イベントをやるっていうことは、イベント目的の来店を確保しなければいけないはず。

ところが一般的な来店頻度から考えても、広くお客様に告知する時間はすでに失われている。

多分、今日からお店にPOP貼ったところで150人~200人くらいにしか告知は無理でしょうネェ。その人たちが必ず来週もきてくれるんでしょうか?

販促ツールがあっても、DMは間に合わない、スタッフでポスティングをやるには時間がなさ過ぎる。折込チラシを投げるにしても今更受けてくれる業者がどれだけいるのやら。。。


2.企画趣旨が不透明

告知期間がないから、来店促進イベントとして機能しませんよ~、と説明したら、実はスタッフ教育という裏趣旨があるとか。。。

それって、イベントの趣旨が全く変わっていないか?最初から本趣旨がスタッフ教育で、裏趣旨が来店促進ならまぁ納得(というかそんな企画はあり得ないが)^^;

だいたい話の流れを聞いていると、売上げが低い、来店数や客単価を上げていかないと利益体質にならないよ~、っていう前置きがあったと思うんだけど。ここはずしたらイベント自体の企画意味がなくなっちゃいませんか?


3.企画内容に未定部分がある

今更未定って、どういうこと?じゃあいつになれば未定部分はなくなるんでしょうね--;

イベントスタートしてから決まるの?でもそれじゃ販促の掛けようがないんですが・・・。それも、福引大会をやるんだけど1等賞品が決まっていないくらい大切な部分が決まってない。販促の目玉がないじゃん-_-+


お仕事はなんでもそうですが、段取り命!時間に余裕がなければ、どんないい企画があっても成功させることは難しい。

まぁ結局今回はお力になることは出来ませんと、断らざるを得ませんでした。

これって私がネガティブに考えすぎなのかなぁ~。失敗するのが分かっていても、他の仕事を保留して協力すべきだったのかな。今回の件で提案したスタッフさんが凹まなきゃいいけど。。。
[PR]
by mokamom | 2007-08-08 23:05 | チョコッと販促ネタ
あぁ、そこやってなかったのね^^;
相変わらず飲食店での物販力向上計画が進行している。

売り上げもちょっとずつだけどあがってきてるし、まぁ向上はしている。

先週末は、記録的にある商品が売れたといって喜んでました。

いや、良かったね~。で、何を仕掛けちゃったんですか?

と聞いたら、どうやら仕掛けたんではないらしい。

ん?何にもしなくて売れちゃったわけ???

という事で、よくよく聞いたら欠品していた商品を大量に作って並べただけ。



・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・欠品はチャンスロスと口をすっぱくして言ったはず。今まで何をしていらっしゃったのかしら?ねぇ-_-+

欠品するって事は、売れているということ。数字を見たらもっとよく分かるはず。

いや、全然入荷しなくて欠品だったら仕方ない、と思う。

でもお店で扱ってる食材。詰めればいくらでも生産可能じゃない!



まぁ、今回の事で欠品がいかに恐ろしいことか身をもって体験してくれたことでしょう。そう期待しましょ。

試算したら、多分欠品によるチャンスロスは20万円くらい。これって、大きいですよねぇ?
[PR]
by mokamom | 2007-08-02 22:46 | チョコッと販促ネタ
Ice Shot Glasses
調べ物をしていたら、こんなWikiに迷い込んでしまいました。

IceShotGlasses

う~ん、夏本番のこれからを前になかなかいいネタ♪

丸い氷でオンザロックを作るとなかなか氷が融けなくてイイ!なんていうネタは知っていましたが、グラス自体が氷で出来ているなんて、きっとAbsolut Ice Bar Stockholmくらいなものでしょう^^

グラスだけじゃもったいないから、100円ショップでいろんな形のプラスティック容器を買ってきたら、それだけでかな~り遊べそう。

料理の盛り付けなんかでも、活躍できますね。

麺汁なんかいれたら、最後までキンキンに冷えたお汁で素麺をズズッと。。。でも指がめちゃくちゃ痛くなりそうな予感はします^^;

冷製スープなんかも、氷が融けだす前に飲んでしまえるくらいの量なら、ちょっとお洒落な演出が出来ますネェ。ただし「絶対に口をつけて飲まない」くらいのマナーは守らないと大変なことに?唇を奪われてしまいそうです♥

グッと冷えたラタトゥーユも作れそう。食材が貼りつかないかは心配ですが。。。

お店で使うんだと毎日の製造が大変そうだけど、数量限定メニューなら活躍の場があるのでは?

器を使った夏らしい演出。こんな氷の器なんていうのもありですね♪
[PR]
by mokamom | 2007-07-18 21:00 | チョコッと販促ネタ
新生銀行のバカっ!
メインバンクは、振込み手数料月5回まで無料な新生銀行。

今日、新生銀行からバースデーメールなるものが届きました。あぁ、私の誕生日を覚えていたのね、ありがとう。きっと、口座開設時に送った免許証のコピーから拾ってくれたのね。

なにか、プレゼントでも下さるのかしらん^^

なんて読んでみましたよ。

「お祝いの気持ちを込めてバースデーキャンペーン」。ん?キャンペーンですか?

なにか売られそうな予感。。。

「・・・(中略)エントリーのうえ対象商品を合計50万円以上ご設定・ご購入いただくと、もれなくプレゼント!」

ヤッター!もれなくプレゼントだって。。。



・・・



って、50万円も買わないともらえないの?



で、もらえるプレゼントは“せっけん”。楽天で探したら、900円くらいのもの。

えぇ~っと、50万円で900円だから、パチパチっと電卓はじくと0.18%の還元率。

う~ん、普通預金の金利並みに低い・・・^^;

ていうか、どの私のサイフから50万が出てくるのよ(キー!

私の資産状況見て、送って欲しい--;

総付け広告じゃなくて、お客さん1人1人の資産に応じたメールを送れば、もぅちょっとレスポンスが高くなると思うのは私だけでしょうか?
[PR]
by mokamom | 2007-06-29 12:28 | チョコッと販促ネタ
疲れるのです。
今日ももりもりと物販力向上作戦。

やっぱり什器は大切だな、なんて思います。

インテリアの一部として、什器もデザインされている。。。それはいいんですけどネェ~。使いにくい・・・。

なんというか、無駄にお洒落^^;

お洒落なんだけど、什器としての必要機能を満たしていない><冗長性がないのが痛い。

あぁ~ぶった切ってやりたい。棚田にして、照明入るようにしたい。。。

そぅすれば、ちょっとだけ悩みも減るのになぁ~。

なんてグチグチ思いながら作業をするです。

今日、初めて聞いたこと。「このスペースが出来たとき、ガッカリしました」らすぃ。

ハハッ、スタッフさんも気づいていたのね^^;

もっと早く言っておくれ。



POPをつくる傍ら、商品の効率的な前出しを教えてきました。

コンビニで働いた事がある方なら当たり前なんですが、後ろの商品を寝かせて、前の商品を起こす。これも経験がないと知らないのですネェ。「なるほど!」とか言われてしまいました。

ちょっとは考えてよォ--;
[PR]
by mokamom | 2007-06-13 23:32 | チョコッと販促ネタ
© M.hirata All Rights Reserved.